fbpx

アピックヤマダ<6300>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年3月26日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アピックヤマダ<6300>

3ヶ月後
予想株価
570円

半導体後工程用装置が主力。リードフレーム金型から装置までの一貫生産が強み。19.3期は部材調達難による納期遅延や貿易摩擦による納入延期が響く。ヤマハ発動機が主導するTOBに賛同。今年5月にはTOB開始へ。

経営再建が急務の中、昨年3月から資金力や信用力に優れたヤマハ発動機と関係強化を模索。協議の末に新川を含めた3社の事業統合で合意する形に。株価はTOB価格570円近辺での推移を想定。TOB成立後に上場廃止。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/10,000/-440/-420/-460/-37.04/0.00
20.3連/F予/10,000/-300/-300/-300/-24.16/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/26
執筆者:JK

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー