fbpx

個人投資家・有限亭玉介:現在注目中の個別株をザックリご紹介~その2~【FISCOソーシャルレポーター】

マネーボイス 必読の記事



以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年4月17日12時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『現在注目中の個別株をザックリご紹介~その2~』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まずはリアルタイムソフトウェア技術に強みをもつセック<3741>です。ロボットの自律性を高める事や、宇宙開発からスマートフォンの電子マネー、位置情報サービスまで最先端技術に幅広く携わっている企業ですな。直近では「探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウに金属弾の撃ち込みに成功」との報道により、4月8日には関連株として思惑的な物色を受けた模様で、25、75日線を上抜いてきており、今週には一目均衡表(日足)の雲も上抜いてきています。業績も堅調である事から、ここからどのように動くか監視中です。

2つ目の銘柄はハイパー<3054>です。同社は法人向けのオフィス機器販売からネットワーク環境構築の為のスタッフ派遣、さらにアスクルの代理店まで展開しています。ここ最近はセキュリティーソフト「Appguard」などの販売を手掛けるなど、サイバーセキュリティ関連としてのテーマ性もあります。3月15日には東証2部へ市場変更を発表して、翌営業日に急騰したものの、200日線付近では売りが出て、現在は450円付近を底にヨコヨコのチャート推移となっています。目先はやや上値が重い展開になる事が想定されますが、これまでの堅調な業績から、5月10日の次なる決算に向けて期待買いも入るかと監視しています。

3つ目の銘柄は農業総合研究所<3541>です。農産物のスーパーマーケット内の直売所の展開や農業のコンサルティングや物流を手掛けています。現在の農業市場の需要に対して同社は急ピッチで供給体制を整えるべく投資を進めている模様です。農薬使用履歴管理アプリケーション「畑メモ」の開発や自社センター内にパッキング等の機能も加えて物流を強化する計画など、成長強化に注力している事も注目です。直近4月12日の決算を機に調整を強めている模様ですが、JALとの連携や日本郵便との資本提携によるシナジーなども加味すれば業績寄与も予想される事から、底を打った折には中長期目線で拾ってみたいところです。

4つ目の銘柄はホットリンク<3680>です。2014年に買収した米国Effyis社はソーシャルメディアデータの提供事業では業界トップクラスの企業です。2018年12月期時点で海外売上比率が50%である同社は、中国市場向けのSNSを活用したマーケティング支援サービスである「トレンドPR」の評判が高く、今後はさらなる飛躍として東南アジアへ向けた海外展開も期待が高まりますねぇ。「BuzzSpreader」のAI機能の向上をさせる事でビッグデータ分析から利活用へのステップが今後の成長の鍵と思われます。ここ最近はAI関連としての物色を受けるも、26週線付近ではじかれた様子。調整一巡となった折には拾ってみたいと監視中です。

5つ目の銘柄は安永<7271>です。車のエンジン部品や工作機械、2次電池開発、ワイヤソーの製造など幅広い製品を手掛ける企業ですな。4月から著名投資家に注目された事をきっかけに急騰しましたが、その後トヨタ自動車<7203>がハイブリッド車などの電動化関連技術の特許を無償提供すると発表した事も連想買いに繋がった模様です。ただし、同社は2月には上方修正と共に2円の増配を発表している事もあり、業績は好調です。今回の急騰にて相場つきが変わった可能性があるものとして注目中です。先の急騰から現在は調整中ではありますが、反発となった折には拾ってみたいところです。

最後の6つ目の銘柄は帝国電機製作所<6333>です。石油化学プラントや発電所などで使われる密閉ポンプやETCなどの電子機器、さらにクレーンで使われるような電磁石まで特殊な製品を手掛ける企業ですな。同社は3月の決算では今期経常利益9%の下方修正し、中国の子会社の不適切会計などネガティブなニュースが見受けられたものの、その後国内投資ファンドの大量保有報告書が出た事や、東海東京証券が依然として強気のレーティングを継続している事もあり、ここ最近は、上値は重くも下値も堅い様子です。株価はまだ調整中とも見受けられますが、底を確認できた折には中長期目線で拾ってみたいと考え中です。


と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい