fbpx

レカム—環境関連商材を展開する台湾合弁会社で法人向け事業の営業開始

マネーボイス 必読の記事



レカム<3323>は19日、エイトツールとの合弁会社で、LED照明や業務用エアコンなどの環境関連商材を展開する台湾レカムエイトツールビジネスソリューションズの設立登記が完了し、営業を開始したと発表。同社グループのASEAN法人事業は、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、インドに次ぐ5番目の拠点となる。

台湾は2025 年までの脱原子力を実現する計画を決定しており、省エネ意識が増々高まることが予想される一方で、同社独自の調査によると、日系製造業ではLED照明の導入率が想定未満であることが確認されたとしている。海外での太陽光発電システムの販売も、成長可能性があるとして事業化を検討していくという。

今期及び来期以降の連結業績に与える影響等については現在精査中で、5月13 日開示予定の2019 年9月期の業績予想に織り込み、発表する予定としている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい