fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆125円台で推移し、もみ合う状態が続く見込み

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏の経済情勢はさえない状況となっているが、インフレ鈍化の可能性はやや低下している。目先的にユーロの対円レートは125円台で推移し、もみ合う状態が続く見込み。

【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏の成長リスクは下向き
・米国がEU輸入品に対する報復関税措置を警告
・欧州中央銀行(ECB)の政策金利は年内据え置きへ

【ユーロ買い要因】
・米中貿易協議進展への期待
・米利上げ局面は終了との思惑
・英国のEU離脱期限は10月31日に再延期される

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい