fbpx

後場の日経平均は34円高でスタート、サイバーエージェントやSUMCOがプラスで推移

マネーボイス 必読の記事



[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22234.28;+34.28
TOPIX;1614.68;+2.63

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比34.28円高の22234.28円と前引けから上げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は反発。225先物はランチタイムにかけて22260円-22280円のレンジで推移。中国株は軟調。円相場は1ドル111円90銭台と円高方向に振れている。この流れから、後場の日経平均は上げ幅を縮める形で寄り付いた。その後は上げ幅をやや拡げる動きとなっている。

 業種別では、陸運業、その他製品、化学、小売業、建設業、不動産業、保険業などがプラスで推移。一方、鉱業、証券・商品先物取引業、非鉄金属、海運業などがマイナスで推移している。売買代金上位では、バリューコマース<2491>が20%を超える上げ幅で上昇しており、日立化成<4217>の上昇が目立つほか、花王<4452>、サイバーエージェント<4751>、SUMCO<3436>、アドバンテスト<6857>などがプラスで推移。一方、キーエンス<6861>の下落が目立つほか、キヤノン<7751>、日産自<7201>、日本電産<6594>などがさえない動きとなっている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい