fbpx

佐田建設<1826>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年4月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

佐田建設<1826>

3ヶ月後
予想株価
440円

群馬県・埼玉県地盤のゼネコン中堅。社会インフラ整備等を手掛け、教育施設や医療・福祉施設、マンション建設等も展開。地盤や土質の調査に加え、騒音・振動などの調査試験にも実績。19.3期3Q累計では増収確保。

例年、工事の完成引渡しは4Q集中。受注高減少も、低採算工事一巡の来期に利益改善。旧花月園競輪場の宅地・公園化工事は今春完成。新幹線工事や自動車工場増設で巻き返しへ。割安感支えに、株価堅調推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/31,200/1,000/1,000/860/55.50/13.00
20.3期連/F予/32,000/1,150/1,150/1,000/64.50/13.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/04/10
執筆者:YT

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい