fbpx

米国株見通し:ファーウェイ制裁一部緩和で警戒ムードやや後退も

マネーボイス 必読の記事



S&P500先物       2860.25(+16.25) (20:10現在)
ナスダック100先物  7456.00(+54.25) (20:10現在)

 20時10分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調推移。NYダウ先物は120ドル高程度で推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.50ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、21日の米株式市場は買い先行で始まりそうだ。

 米商務省が、中国通信機器大手ファーウェイとの取引禁止措置に絡み、利用者への影響緩和のため一部の取引(スマートフォンのソフトウェアの更新など)への適用を3カ月間猶予すると発表しており、前日の警戒的、悲観的ムードはある程度緩和するとみられる。パウエル米FRB議長は前日の講演で、高水準の企業債務のリスク注視に言及する一方、「貿易と関税が金融政策の道筋に及ぼす影響を判断するのは尚早」と述べている。NY原油先物は、中東緊張による買い継続に加え、米国内の在庫減少予想で思惑的な買いが強まる可能性も。

 本日発表となる米経済指標は、4月中古住宅販売件数。4月は再び増加が予想される
が、住宅市場のピークアウト感は引き続き強く、大幅な上振れにでもならなければ株
式市場にポジティブな材料となりにくい可能性。決算発表は、ホーム・デポ、コールズ、ノードストローム、TJX、オートゾーンなどが予定されている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー