fbpx

NY為替:【市場反応】米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨、金利も為替も小動き

マネーボイス 必読の記事



 日本時間23日午前3時に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月30日-5月1日開催分)では、多数がインフレ低下は一時的との見方をしていたことなどが示された。公表後、米10年債利回りは2.3874%から2.3944%で推移し、ドル・円は110円24銭から110円32銭で取引され、今のところ小動き。NYダウは前日比80ドルほどの下落になっている。

【要人発言】
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月30日-5月1日開催分)
「辛抱強い姿勢は当面適切」
「インフレ低下は一時的(多数)」
「経済情勢が予想通りなら引き締めすべき(数名)」
「景気の下振れリスクは残っている(大半)」
「物価の下振れリスクは高まっている(一部)」

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい