fbpx

ジェイテクト—続落、固定費負担が想定以上に重いとして米系証券が格下げ

マネーボイス 必読の記事



ジェイテクト<6473>は続落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、目標株価も1500円から1350円に引き下げている。想定以上に重い「構造的な固定費負担増」が明らかになったとしている。自動車業界が構造転換期を迎えるなかで、ベアリング各社も「生き残り」のために、過去ピーク売上高比率に相当する研究開発費と償却を大きく上回る設備投資金額を投じ続ける必要があると判断しているもよう。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい