fbpx

欧州為替:ドル・円は小幅高、英首相辞意でポンドはもみ合い

マネーボイス 必読の記事



欧州市場でドル・円は小幅高となり、109円60銭付近で推移。英国のメイ首相は24日、欧州連合(EU)離脱の法案取りまとめで求心力を失い、来月7日に辞任する意向を表明した。それを受け、ポンドはドルや円に対しいったん売られた後、大きく買い戻されている。ドル・円はクロス円に連動し、上昇方向に傾いた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円51銭から109円66銭、ユーロ・円は122円51銭から122円71銭、ユーロ・ドルは1.1182ドルから1.1193ドルで推移した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい