fbpx

ヤフー出資の仮想通貨取引所、5月30日よりサービス開始を予定【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



ヤフー<4689>の完全子会社であるZコーポレーションが出資する仮想通貨取引所タオタオ(TAOTAO)が、2019年5月30日正午(予定)よりサービスを開始することが、ツイッターの公式アカウントより明らかとなった。

タオタオは金融庁の登録業者であり、今年2月に社名を元々の「ビットアルゴ取引所東京」から現在の「タオタオ」へと変更した。2019年3月末時点では、取引サービスを5月中旬から提供予定であるとしていたが、5月16日、ツイッター公式アカウントで5月下旬に延期すると発表していた。

米ヤフーファイナンスでも昨年8月にビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4通貨における取引サービスを提供開始しており、日米双方のヤフーにおいて仮想通貨事業への取り組みが進められている。



記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい