fbpx

国税庁、仮想通貨などの課税逃れ対策で、200人規模の専門チームを発足へ【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



国税庁は5日、仮想通貨取引やネットオークションなど、個人がネットを介して得た収入に適正に課税するため、全国の国税局などに専門のプロジェクトチームを設置すると発表したことが、日経新聞の報道により明らかとなった。

同報道によれば、同庁は7月以降、全国にある12の国税局・事務所に計200人規模で専門プロジェクトチームを設置し、情報収集の体制を強化するという。これにより、無申告や過少申告による課税逃れを防止するようだ。

国税当局は5日、2019年3月までの数年間の仮想通貨取引で、総額約100億円の申告漏れを指摘したと報じられていた。同報道によれば、多額の利益を上げたと見込まれる個人や法人をリストアップし、税務調査を行った結果、申告漏れは個人・法人を合わせて少なくとも80件あったという。

2020年1月に施行予定の改正国税通則法により、国税当局は多額の利益を得た顧客などの情報を、仮想通貨交換業者やネットオークションの運営者などに照会することが可能となる。7月に発足する専門プロジェクトチームは、この法律に基づいて顧客情報を調査し、申告漏れの発見・防止につなげるとみられている。



記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい