fbpx

欧州為替:ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移

マネーボイス 必読の記事



 12日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移した。米中通商摩擦の激化懸念再燃で、欧州株は全面安、米株先物も下落、米10年債利回りが一時2.11%台まで低下し、ドル売り、円買いが先行した。

 ユーロ・ドルは1.1343ドルから1.1312ドルまで下落。対ポンドでのユーロ売りが波及したとみられる。ユーロ・円は122円87銭から122円60銭まで下落した。

 ポンド・ドルは1.2726ドルから1.2758ドルで推移。ハードブレグジットへの懸念がやや弱まり、ポンド買いになった。ドル・スイスフランは0.9909フランから0.9945フランまで上昇した。

[経済指標]
・特になし

[要人発言]
・ジョンソン前英外相
「合意なしのEU離脱を目指してはいない」

・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「中欧諸国の経済は対外貿易への依存度が高く、世界貿易戦争の影響を受けやすい」

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい