fbpx

NY為替:ドル108.55円、米4-6月期GDPへの悲観的見方が後退

マネーボイス 必読の記事



14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円18銭から108円59銭まで上昇し108円55銭で引けた。米国5月小売売上高や鉱工業生産の改善を受けて、4-6月期国内総生産(GDP)の成長への悲観的見方が後退しドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1268ドルから1.1203ドルまで下落し、1.1212ドルで引けた。ユーロ・円は、121円95銭から121円59銭まで下落。米国とイランの対立激化を受けた地政学的リスクの上昇、米中貿易摩擦の悪化、長期化懸念にリスク回避の円買いが優勢となった。

ポンド・ドルは、1.2653ドルから1.2580ドルまで下落。

ドル・スイスは、0.9949フランから0.9995フランまで上昇した。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい