fbpx

ヤーマン—大幅続落、業績成長の鈍化懸念は拭い切れず

マネーボイス 必読の記事



ヤーマン<6630>は大幅続落。先週末は決算発表を受け一旦あく抜け感も強まった、業績成長の鈍化懸念は拭えず、その後は再度売りが優勢の展開に。前日には大和証券が、投資判断「3」を継続で目標株価を1300円から1000円に引き下げ。これまでのけん引役であった外国人需要の減速感は拭えないとしており、意欲的な通期計画達成のためには、国内好調の新製品が海外でも需要を取り込めるか、消費税率引き上げの影響を吸収できるかなどが大きな課題になると指摘。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー