fbpx

DEAR・L Research Memo(9):2019年9月期は配当金20円、配当性向40%予想

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

ディア・ライフ<3245>は株主還元策として配当を実施している。配当の基本方針としては、財務体質強化と内部留保の確保を図る一方、株主への利益還元を重要な経営課題としており、配当性向40%を目指して配当を実施する。また、自社株式の取得に関しても、株価の推移や財務状況等を勘案し、機動的に行う方針である。

2019年9月期の配当金は20円、配当性向は40%を予想しており、期初から変更はない。2018年9月期はパルマ株式譲渡益という特殊要因があったため配当金28円と大幅増配だったが中長期的な増配基調に変化はない。

同社は資本効率の向上および株主還元の充実を図るため、過去の資本政策や株価動向等を勘案の上、自己株式の買付を実施している。取得を予定する株数は上限1,500,000株、取得価額の総額は上限6億円である。期間は2019年2月18日~6月28日。既に5月末時点で今回の決議に基づく自己株式の取得は累計で623,700株、取得価額累計は260,416,400円である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー