fbpx

20日のNY市場は上昇

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;26753.17;+249.17
Nasdaq;8051.34;+64.02
CME225;21430;+30(大証比)

[NY市場データ]

20日のNY市場は上昇。ダウ平均は249.17ドル高の26753.17、ナスダックは64.02ポイント高の8051.34で取引を終了した。昨日のFOMCを受けて7月の利下げを確実視する見方が強まり、アジア・欧州株が全面高、米国株にも買いが先行。その後も堅調に推移したものの、米国とイランの軍事衝突の懸念から上値は限られた。S&P500は最高値を更新した。セクター別では電気通信サービスを除いて全面高となり、特にエネルギーや資本財の上昇が目立った。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の21430円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、資生堂<4911>、LINE<3938>が堅調。半面、ファナック<6954>、三菱UFJ<8306>、SUBARU<7270>、エーザイ<4523>、日東電<6988>、ルネサス<6723>が冴えないなど、対東証比較(1ドル107.28円換算)で高安まちまち。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい