fbpx

清水建—一時急伸もマイナス転換、初の自社株買い実施を発表

マネーボイス 必読の記事



清水建<1803>は一時急伸もマイナス転換。発行済み株式の3.82%に当たる3000万株、200億円を上限として、同社としては初めてとなる自社株買いの実施を発表している。政策保有株売却資金の一部などを原資とするもよう。当面の需給インパクト、今後のさらなる株主還元強化期待などが先行する展開になったが、もともと、決算と同時に発表した中期計画において、自己株式取得が資本政策で明記されており、期待感は幾分反映されていたとみられる。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい