fbpx

大日住薬—急落、開発品の計画遅延など課題として国内証券が目標株価下げ

マネーボイス 必読の記事



大日住薬<4506>は急落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を2800円から1600円に引き下げている。短期で開発品のカタリストが乏しいなか、ナパブカシンの膵がんの開発中止によって、ラツーダ特許切れ以降の見通し懸念が強まる状況は続くとみている。現在の複数の開発品の業績貢献は特許切れ直後よりも先になるとみているもよう。複数の米国市場向け開発品が計画通りに進展していないことは課題ともみているようだ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい