fbpx

ダイコク電 Research Memo(9):2020年3月期も前期と同額の1株当たり年間40円配当を予定

マネーボイス 必読の記事



■株主還元

2019年3月期については、期初予想どおり、年間40円配当(中間10円、期末30円)に決定した。また、2020年3月期についても、前期と同額の1株当たり年間40円配当(中間10円、期末30円)を予定している。

ダイコク電機<6430>は、業績に合わせて配当の上乗せを判断する方針であることから、中期的に見れば利益成長に伴う増配の余地も十分にある。

また、同社株式への投資の魅力を高め、中長期保有の促進を目的として株主優待制度を導入している。毎年9月30日現在の株主(100株以上保有)を対象に、保有株式数と保有期間に応じて商品(食品、飲料、電化製品、旅行・体験、社会貢献活動への寄付等600種類以上)と交換できるポイントが贈呈される内容となっており、同社IR担当者によれば、個人株主からの高い評価を得ているようだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい