fbpx

Shinwa Wise Holdings—19年5月期は増収、オークション事業が堅調に推移

マネーボイス 必読の記事



Shinwa Wise Holdings<2437>は12日、2019年5月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.4%増の29.32億円、営業損失が0.86億円(前期は1.81億円の損失)、経常損失が1.34億円(同2.65億円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が0.56億円(同2.57億円の損失)となった。

オークション関連事業の取扱高は前期比7.8%増の46.09億円、売上高は同44.6%増の21.33億円、セグメント利益は同54.8%減の0.63億円となった。

オークション事業について、 当年度はオークションの開催回数は26回(前年度開催回数29回)だった。近代美術オークションは、前年比で1開催少なく、出品点数21.8%減(前年比)、落札点数25.6%減(前年比)となった。エスティメイト下限合計額に対する落札価額合計額の比率は、平均で125.8%と高水準で推移した。平均落札単価は前年比で18.2%減少した。 近代陶芸オークションは、出品点数2.4%減(前年比)、落札点数5.6%減(前年比)となった。当年度も古美術が引き続き好調となり、平均落札単価は前年比で41.0%増加し、また、エスティメイト下限合計額に対する落札価額合計額の比率は、平均で158.9%と高水準で推移した。 近代美術Part IIオークションは、前年比で1開催少なく、出品点数17.3%減(前年比)、落札点数22.1%減(前年比)となった。平均落札単価は前年比で14.1%減少し、エスティメイト下限合計額に対する落札価額合計額の比率は、平均で135.8%と高水準で推移した。 その他、ワインオークションは引き続き高水準で推移した他、新たなジャンルとしてMANGAオークションを2回開催した。また、オークション会場リニューアル及びShinwa Priveの画廊スペース新設記念特別オークションとして「Y氏コレクション − ART JUNGLE」を開催したところ、取扱高は約7億円、落札率92.9%と高い実績を上げた。

オークション関連その他事業について、当年度は大型案件の成約があり、前年との比較で、取扱高は110.2%増、売上高は100.8%増とともに大幅に増加した。 その他、高額ダイヤモンド販売事業は、引き続き安定した売上高で推移した。

エネルギー関連事業の売上高は前期比40.8%減の7.47億円、セグメント損失は0.64億円(前年同期は2.26億円の損失)となった。50kW級の低圧型太陽光発電施設販売事業では、利回り商品としての需要により、当年度は、20基を販売した。しかし、経済産業省による電力の買取価格は継続的に引き下げられ、新たな案件の確保が難しくなっている。 マレーシアにおけるPKS事業は、当年度に約2万トンを販売し、継続して収益改善に取り組んでいる。

2020年5月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比7.0%減の27.26億円、営業利益が0.79億円、経常利益が0.34億円、親会社株主に帰属する当期純利益が0.22億円を見込んでいる。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい