fbpx

マザーズ指数は反落、売り一巡後は押し目買いの動き、モブキャストが急落

マネーボイス 必読の記事



17日のマザーズ指数は反落となった。前日の米国市場で、米中通商摩擦への懸念から主要3指数に対して売りが優勢となった流れから、本日のマザーズ市場も朝方から軟調な出足になった。寄付直後から円高方向に振れた為替相場にて、同調整が一服をみせると、マザーズ市場にも押し目買いの動きが観測された。その後は、マザーズ指数は大引けにかけて下げ幅を縮小したものの、プラスに転じるには至らなかった。なお、売買代金は概算で970.31億円。騰落数は、値上がり126銘柄、値下がり161銘柄、変わらず3銘柄となった。
値下がり率上位銘柄では、第三者割当による第30回新株予約権を発行したモブキャスト<3664>が15%安と値下がり率トップになったほか、メタップス<6172>やJIG-SAW<3914>がそれに続いて大幅安となった。売買代金上位では、前日の決算発表が嫌気されたTKP<3479>やマネーフォワード<3994>のほか、UUUM<3990>、SHIFT<3697>、モルフォ<3653>、サンバイオ<4592>などが軟調。一方で、そーせい<4565>、ロゼッタ<6182>、フィードフォース<7068>、チームスピリット<4397>、ロコンド<3558>は上昇した。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー