fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆対円レートは121円台後半で上げ渋る状態が続く見通し

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏の景況感は特に改善していないことから、欧州中央銀行(ECB)は金利引き下げを含めた大規模な金融緩和策を維持する方針を掲げている。ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは121円台後半で上げ渋る状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏の景況感はさえない状態が続く可能性
・英国のEU離脱を巡る情勢は不透明
・欧州中央銀行(ECB)は緩和的な金融政策を長期間維持する構え

【ユーロ買い要因】
・米国の金利見通しは不透明
・欧州からの輸入自動車への関税導入判断を6カ月先送り
・英国のEU離脱期限は10月31日に再延期される

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい