fbpx

オウケイウェイヴのグループ会社、STOに関する研究を行う「OK STO研究所」を設立【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ<3808>は17日、グループ会社のOKGAIA(オケガアイア)が、地方創生への貢献と不動産、動産、無形固定資産の流動化促進を将来的な目標に、ブロックチェーン技術を活用したSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)に関する研究を行う「OK STO研究所」を設立したと発表した。

同社は今日の日本において、人口減少と空き家率の増加が社会課題となっていると指摘している。こうした社会課題に対し、政府が政策として進めている「地方創生」と足並みをそろえ、同社グループのブロックチェーン技術を活用し、トークン発行・流通プロセスの効率化、市場障壁の排除、価値の所有権の細分化といったSTO組成の特長を、法規制に照らし合わせながら、どのように最適化していくかの研究を進めるとしている。また、STOの技術や制度がどのように活用できるかをより深く研究するために、不動産に加え、動産、無形固定資産なども対象としていく考えを示している。

「OK STO研究所」では、地方の自治体、金融機関、事業者等の正会員を募り、不動産、動産、無形固定資産のSTOに関する研究会を発足するほか、同社グループのOKプレミア証券、OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.(本社:マレーシア)が参画し、実証実験を行うことを計画するという。

セキュリティトークン(Security Token)とは、株式や債券など実社会における資産をブロックチェーン上でトークンとして管理するもののことを指す。近年、セキュリティ トークン オファリング(STO)によって資金を調達する企業が生まれ始めており、国内のいくつかの仮想通貨取引所もこれに対応することを視野に入れて証券業へ参入する準備を整えるなどの動きを見せている。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい