fbpx

NY金:小幅安、米大幅利下げ観測はやや後退

マネーボイス 必読の記事




COMEX金8月限終値:1426.70 ↓1.40

19日のNY金先物8月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比−1.40ドルの1オンス=1426.70ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1421.10ドル−1454.40ドル。時間外取引のアジア市場で1454.40ドルまで買われたが、北米市場では米国の大幅利下げ観測がやや後退したことや、米長期金利の上昇を受けて安全逃避の金買いは縮小し、前日比マイナス圏まで売られる展開となった。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい