fbpx

日経平均は反落、売り先行後は引き続き様子見ムード

マネーボイス 必読の記事



日経平均は反落。19日の米国市場でNYダウは反落し、68ドル安となった。連邦準備理事会(FRB)による早期大幅利下げへの期待が後退したほか、イラン情勢を巡る地政学リスクの高まりなどが懸念材料となった。日経平均も19日に420円高と大きく上昇していただけに、本日は米株安を受けて利益確定の売りが先行し72円安からスタート。朝方には21317.85円(前週末比149.14円安)まで下落する場面もあったが、その後は前週までと同様に様子見ムードが強く、マイナス圏でもみ合う展開となった。

大引けの日経平均は前週末比50.20円安の21416.79円となった。東証1部の売買高は9億0530万株、売買代金は1兆6323億円だった。業種別では、食料品、水産・農林業、その他製品が下落率上位だった。一方、ガラス・土石製品、銀行業、金属製品などが小幅に上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の61%、対して値上がり銘柄は34%となった。

個別では、任天堂<7974>が2%超下落したほか、資生堂<4911>などが軟調。トヨタ自<7203>やソニー<6758>は小安い。ウエルシアHD<3141>など小売株の下げが目立ったが、参院選での与党勝利を受けて10月の消費増税への懸念が改めて意識されたようだ。また、豪社買収と将来的な増資実施を発表したアサヒ<2502>や映画「天気の子」を公開した東宝<9602>が急落し、業績下方修正のグロバル社<3271>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG<9984>が3%近く上昇したほか、東エレク<8035>などの半導体関連株や村田製<6981>などの電子部品株が堅調。ファーストリテ<9983>は小幅ながらプラスで引けた。ソラスト<6197>やGMOPG<3769>は高レーティング観測を手掛かりに買われた。また、第1四半期決算が好感されたエンプラス<6961>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい