fbpx

7月22日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円00銭から107円77銭まで下落し、107円85銭で引けた。

米国の6月シカゴ連銀全米活動指数が予想外に7カ月連続のマイナスに落ち込んだため米債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、対欧州通貨でのドル買いの動きに底堅い展開となった。

ユーロ・ドルは、1.1225ドルから1.1206ドルまで下落し、1.1210ドルで引けた。

ドイツ連銀が月報の中で、4−6月期のドイツ経済がおそらくマイナス成長に落ち込むと警告したため、ドイツのリセッション懸念も浮上。ECBの追加利下げ観測が強まりユーロ売り圧力となった。


ユーロ・円は、121円13銭から120円91銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.2456ドルから1.2499ドルまで上昇した。


ドル・スイスは、0.9804フランから0.9824フランへ上昇した。

【経済指標】
・米・6月シカゴ連銀全米活動指数:-0.02(予想:0.08、5月:-0.03←-0.05)


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい