fbpx

NY為替:ユーロ弱含み、ECBによる追加緩和観測広がる

マネーボイス 必読の記事



22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円00銭から107円77銭まで下落し、107円88銭で引けた。米国の6月シカゴ連銀全米活動指数が予想外に7カ月連続のマイナスに落ち込んだため、米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、対欧州通貨でのドル買いが活発となったことから、ドル・円は底堅い動きを見せた。

ユーロ・ドルは、1.1225ドルから1.1206ドルまで下落し、1.1210ドルで引けた。ドイツ連銀(中央銀行)が月報の中で、4−6月期のドイツ経済はマイナス成長に落ち込むと警告したため、欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測が強まり、ユーロ売り圧力となった。ユーロ・円は、121円13銭から120円91銭まで下落した。ポンド・ドルは、1.2456ドルから1.2499ドルまで上昇した。ドル・スイスは、0.9804フランから0.9824フランへ上昇した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい