fbpx

東京為替:ドル・円は106円60銭台、豪ドル買いは一服

マネーボイス 必読の記事




 6日午後の東京市場でドル・円は106円60銭台と、変わらずの値動き。豪準備銀は本日開催の定例会合で政策金利の据え置きを決め、豪ドルはドルや円に対して買われた。ただ、豪準備銀はハト派姿勢を堅持したため、豪ドルは失速。一方、反転した米株式先物は伸び悩んでおり、今晩の米株反発を期待したドル買いは弱まりつつあるようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円52銭から107円09銭、ユーロ・円は118円38銭から119円88銭、ユーロ・ドルは1.1190ドルから1.1250ドルで推移した。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい