fbpx

米利下げとドル安誘導

マネーボイス 必読の記事



 7日の米国債券市場では株安を意識して30年債の利回り水準が一時、過去最低水準に接近する場面があった。NZ、インド、タイの中央銀行が市場予想を上回る利下げを発表したことが米国債利回りの低下を促した。米国株式が反転したことから、債券利回りの低下は一服したが、世界的な金利低下の流れが短期間で変わる可能性は低いとみられている。

 市場関係者の間では「9月に米国、欧州(ECB)、英国、日本、豪州が金融緩和を実施する可能性が高い」との見方が広がっているが、米国金利のさらなる低下はドル安進行の要因になるとの声が聞かれている。トランプ米大統領の利下げ催促はドル安誘導を意図したものとの見方が増えており、為替・金利についてのトランプ大統領の発言には一層の注意が必要だろう。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい