fbpx

Fブラザーズ Research Memo(6):2019年11月期は配当21円(3円増配)予想

マネーボイス 必読の記事



■株主還元

ファーストブラザーズ<3454>は、配当による継続的な株主還元を方針としている。配当方針としては、自己勘定投資の物件売却のタイミングで業績が大きくぶれやすいため、配当性向の目安は定めずに、安定的かつ毎期着実な増配が見込めるDOEを基準に配当を行っていくこととしている。DOEは2%を目安とする(連結株主資本は期初と期末の平均値を用いる)。2019年11月期の配当予想は21円(3円増配)である。ROEが25.7%(2016年11月期)、19.1%(2017年11月期)、22.3%(2018年11月)と高水準のため株主資本の積み上がりは速く、中期的に速いペースの増配が期待できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい