fbpx

ジャクソンホール会合の過去・現在

マネーボイス 必読の記事



 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今週23日、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次経済シンポジウムで講演する。カンザスシティ地区連銀が主催するこの経済シンポジウムは1978年にスタートし、第一回目のテーマは「世界農業貿易 成長のポテンシャル」だった。1985年は例外的に2回開かれており、そのうちの一つが「米ドルの最近の動向と政策オプションについて」であり、この場で「ドル高の効果」、「ドルの国際的な役割」、「強いドルは持続可能か?」などの議題について議論されている。

 8月21-23日に開かれたこの経済シンポジウムの1カ月後(9月22日)には、先進5か国(G5)蔵相・中央銀行総裁会議が開かれ、為替レート安定化(ファンダメンタルズの現状及び見通しの変化を考慮すると、主要非ドル通貨の対ドル・レートのある程度の一層の秩序ある上昇が望ましい。そうすることが有用であるときには、これを促進するようより密接に協力する用意がある)について合意している。(いわゆるプラザ合意)

 なお、今年の経済シンポジウムのテーマは「金融政策への課題」。市場関係者の間では、低金利政策の効果や問題点、インフレ見通しと金融政策、金融政策の限界点などについて議論されるのではないか?との声が聞かれている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい