fbpx

米国株見通し:中国やドイツの景気対策期待でセンチメント好転

マネーボイス 必読の記事



S&P500先物       2911.50(+20.00) (17:45現在)
ナスダック100先物  7671.25(+59.50) (17:45現在)

 17時45分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調推移。NYダウ先物は180ドル高ほどで推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.50ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、19日の米株式市場は買い先行で始まりそうだ。

 中国の内需刺激策の実施表明や、ドイツの財政出動の可能性への期待から市場センチメントは好転している。ただ、トランプ米大統領が「米国はファーウェイとはビジネスしない」、「ファーウェイとは安保上の理由でビジネスしたくない、19日決定へ」と述べており、引き続き米中摩擦の激化・長期化懸念が株式市場の重しになる。NY原油先物は、中東の地政学的リスクへの懸念から買い優勢の展開が見込まれる。本日発表となる米国の経済指標はない。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい