fbpx

欧州為替:ドル・円は一段高、一時106円66銭

マネーボイス 必読の記事




 欧州市場でドル・円は一段高で日中高値を更新し、一時106円66銭まで強含んだ。米10年債利回りが1.61%台に回復し、ドル買いを誘発。それに連動し、ユーロ・円などクロス円も値を切り上げた。一方、欧州株式市場は全面高、米株式先物は堅調地合いで今晩の株高を見込んだドル買いも観測される。

 18時に発表されたユーロ圏の7月消費者物価指数(CPI)改定値は速報値から小幅に下方修正され、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和思惑による売りが出やすい。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円40銭から106円66銭、ユーロ・円は108円13銭から118円47銭、ユーロ・ドルは1.1100ドルから1.1110ドルで推移した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい