fbpx

マザーズ指数は大幅続伸、外部環境の好転を背景に買い優勢、ハウテレビジョンがストップ高

マネーボイス 必読の記事



 20日のマザーズ指数は大幅に続伸となった。前日の米国株式市場では、米国側が中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置を更に90日間猶予すると発表し、ハイテク株主導で上昇した。この流れを受け、外部環境の好転を背景に本日のマザーズ市場にも買いが先行した。その後は、前日に引き続き指数インパクトの大きいバイオ関連銘柄に対する物色が継続するなか、材料株や好業績銘柄に対しても関心が向かう格好となった。また、日経平均が後場にかけてじり高となったことで、マザーズ銘柄へと短期資金が入りやすい地合いであったことも支援材料となったようだ。なお、売買代金は概算で827.13億円。騰落数は、値上がり217銘柄、値下がり68銘柄、変わらず6銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、Lib Work<1431>やシェアリングテクノロジー<3989>、ハウテレビジョン<7064>がストップ高になった。ハウテレビジョンは、上期業績予想を上方修正したことが材料視された。売買代金上位では、インドでコンビニ2号店がオープンしたことが引き続き材料視されたインパクトホールディングス<6067>が18%高、信州大学と固形がん対象の細胞療法臨床開発で共同研究開発契約を締結したブライトパス・バイオ<4594>が14%高となったほか、そーせい<4565>、アンジェス<4563>、GNI<2160>、サンバイオ<4592>などが買われた。一方で、Kudan<4425>が5%安になったほか、メルカリ<4385>、ラクス<3923>、ミクシィ<2121>などは軟調。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい