fbpx

欧州為替:ドル・円は一段安、米長期金利の低下で売り誘発

マネーボイス 必読の記事



 欧州市場でドル・円は一段安となり、106円30銭に値を下げた。欧州株式市場は政治情勢の混迷でイタリアの大幅安が目立ち、米株式先物は上昇幅を縮小。米10年債利回りがさらに水準を切り下げ、1.55%台に低下しており、ドル売り、円買いに振れやすい状況になっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円30銭から106円47銭、ユーロ・円は117円77銭から117円91銭、ユーロ・ドルは1.1071ドルから1.1085ドルで推移した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい