fbpx

欧州為替:ドル・円は106円47銭から106円30銭まで下落

マネーボイス 必読の記事



 20日のロンドン外為市場では、ドル・円は106円47銭から106円30銭まで下落した。欧州株は高安まちまち、米株先物はほぼ横ばいとなるなか、米10年債利回りが一時1.55%台まで低下し、ドル売りが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1071ドルから1.1085ドルまで上昇し、ユーロ・円は117円77銭から117円91銭でもみ合った。

 ポンド・ドルは1.2104ドルまで上昇後、1.2065ドルまで下落。英国の合意なきEU離脱強行懸念でポンド売りが優勢になった。ドル・スイスフランは0.9787フランから0.9804フランでもみ合った。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい