fbpx

NY株式:NYダウ240ドル高、良好な小売決算を好感

マネーボイス 必読の記事



米国株式相場は上昇。ダウ平均は240.29ドル高の26202.73、ナスダックは71.65ポイント高の8020.21で取引を終了した。欧州株が全面高となり、複数の小売企業決算が好感され買いが先行。FOMC議事録では、大方の予想通り、大半の当局者が利下げを低調なインフレや貿易摩擦問題の先行き不透明感による下方リスクに対する保険と認識しており、長期にわたる利下げ開始を意味するものではないことが示された。一方で、政策変更への柔軟性を持ち続けることでも一致した。発表後の株価に大きな変動はなく、終日堅調推移となった。セクター別では全面高となり、特に小売や耐久消費財・アパレルの上昇が目立った。



ディスカウントストアのターゲット(TGT)は、好決算を発表し通期の利益見通しを上方修正したほか、ウェルズ・ファーゴによる投資判断引き上げを受け、20%を越す上昇となり上場来最高値を更新した。ホームセンターのロウズ(LOW)は、決算内容が予想を上回り大幅上昇。昨日好決算を発表した同業のホーム・デポ(HD)も続伸。一方で、半導体のアナログ・デバイセズ(ADI)は、減収減益決算となり下落した。


ゴールドマン・サックス(GS)は、米金融当局が今年の9月及び10月にそれぞれ0.25%の利下げを実施するとの予想を示した。






Horiko Capital Management LLC


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー