fbpx

アーバネット Research Memo(8):基準とする配当性向を40%に引き上げ

マネーボイス 必読の記事



■株主還元等

2019年6月期の剰余金配当は、期初予想を増額修正し、前期比3円増配(普通配当ベース)の1株当たり年18円(中間7円、期末11円)を実施した(配当性向34.6%)。

アーバネットコーポレーション<3242>は、これまで配当性向35%(税効果会計による影響を除く)を基準としてきたが、直接的かつ平等に株主還元を行うことを目的として、2018年6月期から実施してきた「株主優待制度」については2019年6月期をもって廃止するとともに、配当性向を40%に引き上げる決定をした。2020年6月期の剰余金配当として、前期比6円増配の1株当たり年24円(中間10円、期末14円)を予定している(配当性向41.6%)。

弊社では、同社の比較的安定した事業特性や収益基盤を踏まえ、中期的には一定の利益増減による影響を受けながらも、高い配当水準が継続される可能性が高いとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー