fbpx

イード Research Memo(5):内部留保の充実と成長投資に優先的に振り向けるため、当面は無配継続の方針

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

イード<6038>の株主還元策については、期間利益に関しては内部留保の充実と成長投資に優先的に振り向けるため、当面は無配を継続していく方針となっている。配当を検討する時期としては東証1部に市場変更するタイミングを考えているようだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー