fbpx

9月16日のNY為替概況(訂正)

マネーボイス 必読の記事

下記のとおり修正します。
(誤)
(正)中国の低調な経済指標やサウジアラビアの石油施設の攻撃を受けた原油高が

 16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円78銭から108円12銭まで上昇して引けた。

サウジ石油施設が攻撃されたことを受けて中東の地政学的リスクが上昇したほか、米国による対イラン軍事行動の可能性などを警戒した有事のドル買いが優勢となった。


ユーロ・ドルは、1.1036ドルから1.0994ドルまで下落して引けた。
域内の金利先安感に伴うユーロ売りが優勢となった。


ユーロ・円は、119円03銭から118円69銭まで下落。中国の低調な経済指標やサウジアラビア石油施設攻撃を受けた原油高が世界経済に影響を与えるとの懸念にリスク回避の円買いが優勢となった。

ポンド・ドルは、1.2468ドルから1.2399ドルまで下落した。

英国の合意ない欧州連合(EU)離脱を懸念したポンド売りが再燃した。

ドル・スイスは、0.9906フランから0.9940フランまで上昇した。


[経済指標]

・米・9月NY連銀製造業景気指数:2.0(予想:4.0、8月:4.8)


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい