fbpx

東京為替:ドル・円は108円20銭台、ユーロ・ドルは軟調

マネーボイス 必読の記事




 18日午後の東京市場でドル・円は108円20銭と、底堅さが目立つ。ユーロ・ドルは欧州勢とみられる売りが優勢となり、1.1050ドル台に沈んでいる。米10年債利回りの低下でドル買いは入りづらいものの、ユーロ売りの影響でドルが小幅に押し上げられたようだ。ユンケル欧州委員長が合意なきブレグジットへの警戒を示し、ポンドが売られており、ユーロも連れ安になっている面があるとみられる。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円09銭から108円27銭、ユーロ・円は119円62銭から119円82銭、ユーロ・ドルは1.1051ドルから1.1076ドルで推移した。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい