fbpx

東京為替:ドル・円は108円割れ、日銀の政策維持に失望か

マネーボイス 必読の記事



19日午後の東京市場でドル・円は108円を割り込み、一時107円70銭台に売り込まれた。日銀は金融政策決定会合で現行の政策維持を決め、一段の緩和を期待した参加者が失望の円買いを強めたようだ。ただ、日経平均株価は22000
円の大台を維持しており、円買いは弱まったもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円79銭から108円47銭、ユーロ・円は118円96銭から119円68銭、ユーロ・ドルは1.1023ドルから1.1038ドルで推移した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー