fbpx

19日の日本国債市場概況:債券先物は154円77銭で終了

マネーボイス 必読の記事




<円債市場>
長期国債先物2019年12月限
寄付154円35銭 高値154円82銭 安値154円25銭 引け154円77銭
売買高総計32061枚

2年 404回 -0.300%
5年 140回 -0.325%
10年 355回 -0.220%
20年 169回  0.180%

債券先物12月限は、154円35銭で取引を開始。日銀金融政策決定会合で政策の現状維持の予想も、超長期ゾーンのスティープ化促進策に思惑があったといわれ、売りが先行して154円25銭まで下げた。その後、日銀は政策の現状維持を決めたが、超長期ゾーンのスティープ化促進策が見送られたことや、次回会合でのマイナス金利の深堀り観測などから買いが強まり、154円82銭まで上げた。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は1.76%、10年債は1.79%、30年債は2.23%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.49%、英国債は0.66%、オーストラリア10年債は1.06%、NZ10年債は1.16%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・20:00 英中銀が政策金利発表(0.75%に据え置き予想)
・21:30 米・9月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:10.5、8月:16.8)
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:21.3万件、前回:20.4万件)
・21:30 米・4-6月期経常収支(予想:-1274億ドル、1-3月期:-1304億ドル)
・22:00台 南ア中銀が政策金利発表(6.50%に据え置き予想)
・23:00 米・8月景気先行指数(前月比予想:-0.1%、7月:+0.5%)
・23:00 米・8月中古住宅販売件数(予想:538万戸、7月:542万戸)

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい