fbpx

9月19日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円08銭まで上昇後、107円84銭まで下落して引けた。

米8月中古住宅販売件数や9月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を上回ったことや米中貿易次官級協議を控えてクドロー国家経済会議(NEC)委員長が「ムードが和らいだ」との楽観的な見解を示したためドル買い・円売りが優勢となった。

その後、サウスチャイナ・モーニング・ポストが、ホワイトハウスアドバイザーの見解として、もし、米中が貿易で合意できなければトランプ大統領が貿易戦争をさらに深刻化させる準備があると報じ、リスク回避の円買いが再燃。

ユーロ・ドルは、1.1072ドルから1.1039ドルまで下落して引けた。


ユーロ・円は、119円56銭から119円19銭まで下落。


ポンド・ドルは、1.2463ドルから1.2560ドルまで急伸した。

ユンケル欧州委委員長が離脱期日の10月31日までに英国と合意に達することが可能だとの見解を示すと、合意ない離脱への警戒感が後退。ポンドのショートカバーが加速した。

ドル・スイスは、0.9908フランから0.9942フランまで上昇した。


[経済指標]
・米・8月中古住宅販売件数:549万戸(予想:538万戸、7月:542万戸)
・米・8月景気先行指数:前月比0%(前月比予想:-0.1%、7月:+0.4%←+0.5%)
・米・9月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:12.0(予想:10.5、8月:16.8)
・米・先週分新規失業保険申請件数:20.8万件(予想:21.3万件、前回:20.6万件←2
0.4万件)
・米・失業保険継続受給者数:166.1万人(予想:167.2万人、前回:167.4万人←167.
0万人)
・米・4-6月期経常収支:-1282億ドル(予想:-1274億ドル、1-3月期:-1362億ドル←
-1304億ドル)


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい