fbpx

シノケングループ—国内不動産ファンド事業が国土交通大臣より取引一任代理等の認可を取得

マネーボイス 必読の記事



シノケングループ<8909>は18日、同社の100%子会社であるシノケンアセットマネジメントが10月18日付で、REIT(不動産投資信託)の運営に必要な宅地建物取引業法50 条の2第1項に規定する取引一任代理等の認可を取得したと発表した。
今後は速やかに金融商品取引法に規定される投資運用業の登録を済ませ、東京 23 区内に所在する賃貸住宅不動産を主な投資対象としたREIT を組成する。一定の私募運用期間後、東京証券取引所への上場に向けて準備を進める計画。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい