fbpx

NY原油:反落、中国のGDPで需要鈍化懸念が再燃

マネーボイス 必読の記事




NYMEX原油11月限終値:53.78 ↓0.15

18日のNY原油先物11月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比-0.15ドルの1バレル=53.78ドルで通常取引を終えた。中国の7−9月期国内総生産(GDP)が少なくとも1992年来の低い伸びに落ち込んだため需要鈍化懸念が再燃した。


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい