fbpx

合意なきEU離脱の可能性残る

マネーボイス 必読の記事



 報道によると欧州連合(EU)のトゥスク大統領は10月19日、英国のジョンソン首相からEU離脱の延期申請を受け取ったことを明らかにした。EU側の対応についての協議がすみやかに開始されることになるが、トゥスク大統領宛の書簡にはジョンソン首相の署名はなかったようだ。また、報道によると、ジョンソン首相は、離脱延期は望んでいないとの意向を記した別の書簡をトゥスク大統領宛に送付している。

 英議会下院は19日、ジョンソン首相がEUと合意した新たな離脱案の採決を先送りすることを賛成多数で決定しているが、報道によると、英政府は20日、合意なきEU離脱で想定される最悪の結果に関係省庁が備える危機管理計画を始動させており、英国はEUからの合意なき離脱を選択する可能性は残されている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー