fbpx

電算システム—東濃インターネットデータセンターの増築計画発表、新型モジュール型データセンターを建設

マネーボイス 必読の記事



電算システム<3630>は16日、東濃インターネットデータセンター(岐阜県土岐市)の増築計画を決定。現在のモジュール型データセンター3基(30ラック)に加え、新型モジュール型データセンター(28ラック)の増築すると発表した。

2013年11月に開設された東濃インターネットデータセンターでは利用者が順調に増加し、利用率が高まったことで今回の増築を計画。モジュール型はビル型の「堅牢性」とコンテナ型の「省コスト・省エネルギー・省スペース」の二つのメリットを持ち合わせ、これらのメリットに加え、多様な顧客ニーズに応える柔軟性を持たせた新型モジュール型を増築する。今後は新型モジュールでのさらなる増築を図り、データセンター事業を拡大させていくとしている。


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい