fbpx

東海カーボ—続落、黒鉛電極の需要回復遅れを想定で米系証券が格下げ

マネーボイス 必読の記事



東海カーボ<5301>は続落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、目標株価も1250円から1100円に引き下げている。2019年下期に入って黒鉛電極セクターを取り巻く事業環境は厳しさを増しており、需要の弱さが顕著となっていることから、2020年下期と予想していた黒鉛電極の本格回復は2021年にずれ込む可能性としている。20年12月期営業利益は、市場コンセンサス680億円に対して540億円を予想。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい